プロフィール

Micko

Author:Micko
典型的O型の
大雑把&おおらか姉さん
人生における3つのモットーは
① Be Positive!
(いつも前向き)
② Keep Smiling!
(いつもニコニコ)
③ No one is perfect!
(人間だいたいでオッケー)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー

みんな だ~いすき

愛犬フラットコーテッドレトリーバーとのどっきり&まったりな日々を中心に、 大好きなものいっぱい紹介いたします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
人混みを避けるように9月に入ってからとった遅めの夏休みは、
2日(日)~4日(火)まで、これまでの記録を更新する遠距離で、
福島県は裏磐梯方面まで行ってきました~♪

一路向かった東北道は、普段乗りなれている中央道と違って、
道は平坦だし車の数も少ないしで、思ったよりも順調に
びゅんびゅんと突き進み、お昼頃には、那須高原SAに到着。


ジャズ君はこちらのドッグランでひとしきり駆け回り、ご機嫌上々~
PICT0130.jpg

その後、磐梯高原ICで降りてから、まずは買出しに地元のスーパー
ヨークベニマルへ。
PICT0129.jpg
(右端でジャズ君がカメラ目線、わっかるかな~)


 今回のキャンプ場は、特に予約などもせず、磐梯山の噴火で
噴出した土砂が川を堰き止めてできたという、この辺り一帯の湖群
(桧原湖、曽原湖、小野川湖)のどこかで決めようという、
ジャズ家には珍しい、行き当たりばったり計画。

で、それぞれの湖畔にあるキャンプ場を覗いてまわり、
中でも一番高規格(トイレ&炊事場がきれい)なところ
ということで、今回は、桧原西湖畔オートキャンプ場に決定!
(が、この高規格が後で裏目に出ることになろうとは。。。)

こちらのキャンプ場、キャンプサイトは、湖畔から一段上がった
丘の上にあり、サイトから見下ろす桧原湖&磐梯山の風景は最高!
PICT0132.jpg


到着したのが(日)の午後3時過ぎということもあり、
キャンプ場内は他にお客さんもなく、まずは貸切状態で
フリーサイトの奥をゲットしました!


 今回は、これまでのキャンプ経験から、やっぱテントがあったほうが
快適だよねってなことで購入したランドブリーズ4がデビュー!
 こんな感じでインナーテントだけをランステの中にセッティングという
カンガルースタイルにしてみました~
PICT0139.jpg


と、ここまではご機嫌だったダーリン。あとの下準備はおまかせして、
私だけでジャズッちをひとしきり泳がせて帰ってくると、何だか不機嫌。



見ると、私たちのサイトの真正面、数メートルしか離れていないところに
二十歳前後の男子学生とおぼしきグループがテントをセッティング中。
いかにもお遊びで来ましたって感じで、テントひとつ建てるのに
ワーワーギャーギャーとうるさいことこの上なし。
タープも思いっきりこちら側に向けて建てるし、他にもいっぱい空いて
いるところがあるってのに、なんでうちの正面かな~
(-゛-メ) ヒクヒク
PICT0138.jpg
かといって、こっちが逃げ出すのも癪だし、奴らが騒げば騒ぐほど
ダーリンのイライラも募るばかりで、なんだか気分は最悪に。。。


が、しばらくすると連中は近くの温泉にでもいったのか、車で外出してしまい、
其のしばしの静寂の間に、我が家は夕食の仕度を開始~


今夜の夕食のメインはポトフ♪
PICT0144.jpg


そして地元のパン工房で買った田舎パンに、茹でたブロッコリー
を美味しくいただき
PICT0141.jpg

あとは、これまた今回デビューの焚火テーブルの火を
ぼ~っと眺めて過ごしました。
PICT0148.jpg



* * * * *




 が、それもつかの間、こちらが後片付けを始める頃になって
連中が帰還&宴会スタート~ ==) 
酒が入るにつれ更に盛り上がるなか、ダーリンは得意の何処でも
寝れる術~♪(○○えもん風)を使って、あっという間に夢の中へ。

ジャズは、奴らの嬌声に落ち着かず、テントの中でもすぐに
ウロウロし始めちゃうし。。。私も無理やり寝ようと寝袋に
潜り込んだものの、声もひそめることなく延々とおしゃべりを
続ける連中の声にうんざり。そのうち、サッカーボールを蹴飛ばす
音がし始めたところで、ついに、さすがの私もブチ切れ!! 
ダーリンの高鳴るイビキを背に、単身、奴らのサイトに近づき、
オバサン丸出しで、「ちょっと! いい加減、静かにしてもらえませんか。
ここは貴方たちだけのサイトじゃないんだから。お願いしますよ。」と
丁重に(!)文句を言っちゃいました。

すると奴らは意外にも素直に「すいませんでした!」と最敬礼。
が、その後はしばらく離れたところでサッカーをしていたものの
結局また戻ってきてからも、2人ぐらいがいつまでもいつまでも
おしゃべりを続ける始末。。。

ったく~と思いつつも、再び怒る気力もなく、結局寝たような
寝なかったような変な感じで朝を迎えたのでした。
高規格な場所だと、こういうお気楽キャンパーが来ちゃうって
リスクもあるんだってことなんでしょかね。。。

勉強になりました~  はぁ~、ゲッソリ - -);



(次回に続く)


Comments













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS
このエントリーへのトラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。