プロフィール

Micko

Author:Micko
典型的O型の
大雑把&おおらか姉さん
人生における3つのモットーは
① Be Positive!
(いつも前向き)
② Keep Smiling!
(いつもニコニコ)
③ No one is perfect!
(人間だいたいでオッケー)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー

みんな だ~いすき

愛犬フラットコーテッドレトリーバーとのどっきり&まったりな日々を中心に、 大好きなものいっぱい紹介いたします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/06/25
病院へ
ここしばらく落ち着いてたジャズ君の足抜け(脱臼)が再発しました。

そもそもは、ちょうど1年ほど前にリードをつけたままボールを追いかけていた時にリードを持っていた私の足が追いつかずコケた勢いで右後ろ足が曲がったまま元に戻らなくなったのが最初でした。その時の診断では「膝蓋骨亜脱臼」のグレードIという初期症状のレベルで、要は膝のお皿が内側にずれてしまうということなのですが、まだ症状が軽いため、外れたときでも不器用な素人の私でさえ手で押してやればカクっと元に戻せるという程度で、症状が進行してきたらいずれ手術が必要になるかもしれないが、まだ若いし筋肉をしっかりつけてやれば進行は抑えられるからということで経過観察ということで済ませていました。

その後もたまぁに(1~2ヶ月に1度くらい)外れることがあってもすぐに元に戻せるという状態で、最近では生食やわんわん倶楽部での水泳修行の成果もあってか、足元もだいぶ筋肉がついてきて、もう安心かなぁと思い始めていたところでした。

が、今週(水)にボール遊びをしていた時に久し振りに外れたのがきっかけで(木)(金)とちょっとした動きから3本足のピョコタン状態になってしまい、戻そうとした時の感触も何となくはまりが甘くなっているような感触が…
というわけで(金)には会社を休んでかかりつけの先生のところへ行ってきました。が、そこはホームドクター的な存在なので状況を聞いたもらっただけで「手術が必要でしょうから専門医のいる大学病院を紹介しましょう」という話に。え~いきなり手術はないでしょうと思いつつ、予約制だというその大学病院に電話をしてみたところ、予約が取れるのが1ヶ月も先だと言われてしまったので、とりあえず保留に。

そこで今日は、整形を専門にしていてフラットのオーナーでもある別の獣医さんのところへ行ってきました。が、そこでも触診だけだったものの、状態としてはグレードIからIIに進行しつつあるという診断で、やはり、手術を勧められてしまいました。手術をしたら10日程の入院+2ヶ月は運動制限(飛ばない!+走らない!&泳がない!)が必要とのこと…(って、このジャズ様に、んなことできるんかいな…)

ただ今すぐにというほど深刻な状況ではないということと、たまたまその病院は7月~8月に改装工事が入るので、手術するのであれば9月以降でというお話でした。殆どの場合手術で完治するということなのですが、全身麻酔の危険性やら万が一うまくいかなかったらとか色々考えると正直二の足を踏んでしまっています。やはり大学病院でも診てもらったほうが良いのかなぁ~とも思いつつ…

心なしか、ここ数日、すっかりおとなしくなっちゃってるジャズ君…
jazz



どうしよっかねぇ~





Comments
みっこ、まさるくんこんばんは。
ジャズ君心配です。手術はかわいそうだから何軒か病院をあたって一番いいところを選んだほうがいいかもしれないよね。写真が痛々しくて早く元気になってほしいです。
posted by ISA at 2006/06/25 20:11| URL | [edit]
ジャズ君、心配ですね。
悩める気持ち、よくわかりますよ。

私の意見を書きますね。
整形専門の獣医さんに手術してもらうにしても、9月以降ということであれば、大学病院で診察してもらうって診断を仰ぐのもいいのでは、と思います。
ジャズ君は若いし、手術した方が、今後の長い犬生がよいものになるのであれば、手術も選択してよいのでは。
手術を待っている間に回復して、運動して筋肉をつけて、今後も管理できそうなら、手術しなくてもいいのでは、と思います。
Mickoさんもダーリンも今後どうしようかと考えると、大変ですよね。
ジャズ君、がんばれ~。
posted by KUMA at 2006/06/25 20:56| URL | [edit]
>ISAちゃ~ん
お久し振り~&コメントありがとです。とりあえずジャズ君は普段、普通にしていれば普通に元気にしています。今朝も40分ほどのお散歩中は普通に歩けてました。写真は単に寝こけているだけなんで痛がっているわけではないの(笑)
整形専門の先生の話では、痛みは抜ける瞬間にあるだけで今の状態なら抜けた後すぐに元に戻らなくても平気なんだそうです。ワンコは口が利けないからホントのところはわからないんだけどねぇ。ただ余り安易にホイホイと手術はしたくないなぁと思う反面、手術でその後がずっと楽になるのなら早く直してあげたいなぁというところで、行ったり来たりしていますぅ…
posted by Micko at 2006/06/25 22:51| URL | [edit]
>KUMAさ~ん
そうですよね。今我が家でも意見はKUMAさんの仰る方向に固まりつつあります。とりあえず9月に手術するにしても時間があいているので大学病院には行ってみようと思っています。できれば話だけじゃなくてレントゲンとかもう少し具体的な状況も知りたいですしねぇ。ジャズ君ともども頑張りまぁす♪
posted by Micko at 2006/06/25 23:17| URL | [edit]
ジャズ君、ダ~リンさん、Mickoさんガンバレ~
私もKUMAさんの意見と同じです
時間はあるから、ジャズ君に一番良い方法が早く見つかるといいですね。ロビンと家族全員で応援しています!
posted by ロビママ at 2006/06/26 01:28| URL | [edit]
>ロビママさ~ん
応援ありがとうございまぁす!
とりあえず大学病院の方には、今日予約を入れました。最初に言われた時期よりちょっと早く来月13日に見てもらえることになりましたぁ。
それにしても最近ホントに妙にいい子なんですよぉ…何かしてほしいことがあるとすぐにお座りするし、こっちが他のことをはじめると今まではしつこく遊んで!してたのがすぐにダウン(伏せ)しておとなしく待ってるし。大人になったと素直に喜びたいところだけど、実は痛みがあるんじゃないかとか余計な心配しちゃって、何だか複雑で~す。
posted by Micko at 2006/06/26 22:56| URL | [edit]
今週もわんわんの変わりに
どこか探検に出でいるのかなぁ~と
思っていたらとんでもないことに
なってしまったのですね。
なんだかジャズ君元気が無い??
(お写真)

私もまずは大学病院の診断を聞いてから判断すると思います。
それまでちょっと心配だけど。

ジャズ君~♪
ハリーママはあなたのウヒョウヒョ振りが好きですよ。
元気のないお顔とっても心配です。
早く元気な姿見せてくださいね!!

posted by Harryママ at 2006/06/27 00:55| URL | [edit]
↑確認しないでポチってやてしまったら変わり→代わり間違えてます。
ペコリ。。。
posted by at 2006/06/27 01:14| URL | [edit]
Mickoさん、ダーリンさん お久しぶりです。 シュートの予後管理(=ワンコすっかり元気)とW杯惨敗三昧(=ヒトすっかりやる気なし)で ブログ更新の手が止まったままの我が家でしたが そろそろ重い腰をあげて。。。と皆の近況読み逃げしながらここまで来たら なんということでしょぅ。。。 ここは読み逃げするには忍びなく 思いつくまま=長くなるかも。。書き綴ります。

①グレード3が 一過性である場合もあるので 冷静沈着に様子を見るべし: あと77日=2歳まで手術は見合わせて経過観察することを薦めます=シュートも2歳過ぎから抜ける回数がメッキリ減り、最後に抜けたのは3月26日の兄弟会の時=広場のドッグランのあの時。 たぶん筋肉がついて安定してきたからだと思います。 その間に予約してる大学病院はじめ、開業医でセカンド・オピニオン、サード・オピニオンくらいまでは 聞き込みを根気強く続けた方がいいと思います。 その場合の心得として、A大学やN大学系の開業医の場合、学校で「手術」と教えるので、判で押したように「手術以外 完治はありえない」と言うものだと思って間違いないので、同じことを二度三度言われたからと言ってメゲナイ方がいい。

②グレード3はもとよりグレード1でも、できればヒトの力で入れるのではなく、犬自身をその場で=たとえそこがヌカルミであろうとも ダウン&ゴロンさせ、努めてユックリ静かな口調で「ゆっくりでいいから自分でハメテごらん」と腿から膝に向けてそっと撫で下ろしてあげながら=絶対に足先を引っ張ったり膝に向かって無理やり差し込んだりしてはダメです! 自分でハメルられるか様子をみる。 どうしてもハメラレないときは=ここの判断が一番大事 素人が力を加えてもだいじょうぶかどうか冷静に見極め ダメと判断したら 二人がかりで抱きかかえてベッドや毛布などに乗せ=担架のようにして 即行車で病院に行ってハメテもらう。 運悪くMickoさん独りのときに抜けてしまっても絶対にあせらないで ジャズ君がどうあがいても自分でハメラレナイかどうか冷静に見極め ギリギリまでヒトの力を加えないことが大切。

③交通事故で下半身不随になり、後ろ足に補助輪を使ってるワンコなどを患者にしているカイロの先生の友人を知っている。 その先生の手にかかると、レトリバーの脱臼(膝、大腿骨)の手術をせずにすんだワンコが多数いると聞いている。 興味あれば連絡ください。 ちなみにシュートはまだその先生にはかかった事ありません。

④フラットさんのブログでは超有名なチャコナツさんチのナツちゃんの膝蓋骨亜脱臼手術の記述があります。 参考にしてください。http://www.ne.jp/asahi/chako-natsu/dog/health-3.htm

また思いついたことあればメール含め連絡します。 取り急ぎ 母ぁちゃんからの戯言でした。
posted by ユリ母ぁ  at 2006/06/27 03:03| URL | [edit]
追伸:さっきのブログアドレスですが こちらからの方が全体に目が通しやすいです。http://www.ne.jp/asahi/chako-natsu/dog/flamehealth.htm
posted by ユリ母ぁ  at 2006/06/27 03:27| URL | [edit]
>Harryママさ~ん
ご心配おかけしちゃってますぅm(_ _)m
お陰さまで昨日&今日とあまり激しく遊ばないように気をつけているせいもあってか、とりあえずは抜けずに済んでおります。私もダ~リンもジャズの愛すべきウヒョウヒョ振りを潰すようなことはしたくないだけに悩んでいるのですが、とにかくできるだけ情報を集めて冷静に判断したいと思っています。でもその一方で時間が空いている分、筋肉を衰えさせないようにもしてあげたいと思いつつ、今週末まで無事に過ごせれば、敢えてお出かけもしてみようかとも考えてみたりなんかして♪とにかく座右の銘に従って「前へ前へ」進んで行こうと思ってまぁす!^^)v
posted by Micko at 2006/06/27 23:28| URL | [edit]
>ユリ母ぁさ~ん
詳細にわたるご丁寧なアドバイス本当にありがとうございます m(_ _)m
私たちも何でも専門家の言うことに従うことが本当に最善と言えるのか?という疑問を抱きつつもあったので、ユリ母ぁさんの言葉はある意味鵜呑みにしないこともありなんだと納得させられました。ちゃんとジャズ君の様子を見ながら冷静に判断していきたいと思います。
また慌てて無理やり戻すことが良くないこともあるんですね。私は正直かなり慌ててすぐに手を出しちゃってました。。。反省 --)ヾ
次回はアドバイス通り自分で戻させるようにしてみます。
チャコナツさんところの情報もとっても勉強になりました。ありがとうございます。

シュート君の予後も順調なようで何より♪それよりゴリさんの予後の方が心配ですぅ。。。(爆)

posted by Micko at 2006/06/27 23:41| URL | [edit]













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS
このエントリーへのトラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。